第1話 : スーツに疲れて就職を諦める

こちらは、ひげくろが対人恐怖症、それによるうつ状態になってから、回復するまでの話です。
通院が終わってから10年くらい経ってる、過去のお話です。

最初から読む場合はこちらへどうぞ^^ ↓↓
対人恐怖症とうつの話

こんにちは、ひげくろです。
対人恐怖症とうつで通院してたのは、社会人になってからのことですが、さかのぼって大学生の頃のお話です。


大学3年の終わり頃、就職活動が始まりました。
今振り返ってみると、当時、将来のこと、大学卒業後のこと全然考えていなかったなーと思います。
業界やら職種やらさっぱり、そもそもやりたい仕事ってあったっけ?
何かよくわからないけど、目についた ( 求人広告の写真がきれいとか、気になるキーワードがあるとかそんなレベル💦 ) のセミナーに 2、3 お申し込みしました。


とある日、教授の紹介で OB の方と会う機会がありました。
大学に来てくださって、数人の学生とお話しする会でした。
通信系のソフトウェア会社の方で、仕事内容的に興味があるとかそんなレベルに達してないけど、まずは話を聞いてみよう、と

・親に借りたスーツ
・きょうだいに借りたバッグ ( ビジネス用じゃない )
・大学の入学式用に買った革靴


これらを身につけて向かいました。


ちなみに、なんでリクルートスーツじゃなかったかというと、

みんな同じようなスーツ着るの変
黒いスーツ、着たいと思わなかった
着たくないスーツ着るより ( 親のだけど ) 着たいスーツ着た方がいい

という理由でした。
おしゃれに無頓着な割に変なこだわりですね(^^;


OB の方は会社概要、仕事内容などなど説明してくれたのですが、勤務地や仕事内容の希望など考えなきゃいけないことがいろいろあって早々に滅入ってきました ( _ _ |||


それから、話を聞いているうちに、服装の苦痛がじわじわと。

とにかくスーツと革靴の窮屈さに参ってしまって、
OB の方とのお話が終わる頃には、会社員は無理だ、という結論に達してました。
今思えば、スーツを着ない職種にすれば?とも思うのですが、何も考えていないだけあって思いつきもしませんでした。



その後教授には「就職活動しません」とお伝えし、お申し込み済みのセミナーには都合が悪くなったとお断りの電話をし、就職活動は2週間くらいで終わりました。
セミナーは申し込んだだけで 1個も出てないので、スタートすらしてないのかもですが( ̄▽ ̄;)


続きはこちら
第2話 : よくわからないけど就職先が決まる

コメント

タイトルとURLをコピーしました