第2話 : よくわからないけど就職先が決まる

こちらは、ひげくろが対人恐怖症、それによるうつ状態になってから、回復するまでの話です。
通院が終わってから10年くらい経ってる、過去のお話です。

最初から読む場合はこちらへどうぞ^^ ↓↓
対人恐怖症とうつの話

第1話 : スーツに疲れて就職を諦める の続き。

就職活動をやめて、大学卒業後はフリーターか大学院か、とうすぼんやり考えてました。
ただ、大学の学費を奨学金、一人暮らしの家賃・生活費をバイトでまかなってて、さらに大学院の奨学金も、と考えると、大学院進学の可能性はかなり薄かったと思います。
大学生活をバイトでやっていけたこともあってフリーターでもいいかーと思っていたんでしょうねぇ。
税金、年金、昇給、賞与、結婚、老後、いろいろさっぱり考えてなさっぷりに驚きます( ̄▽ ̄;)


大学4年生になって、卒論の準備が始まると、夜大学の研究室に行って、朝方帰ってきて寝る、という昼夜逆転生活をしてました。
研究室の端末が少なくて、遠方の自宅から通学している人が昼間、ひげくろ含めて大学近くに住んでいる人が夜間使う感じだった。


朝大学から帰ってきてお布団に入って寝入りばな、電話が鳴りました。
朝っぱらから誰ーと思って出ると「株式会社□□の〜ですけれども......」
どこぞの会社の年配の方でした。


名前聞いてもピンとこない。
セールスかなぁ、朝9時に早いなーと思っていたら、なんと、就職活動でセミナー申し込みした会社の方でした。

↓前回の記事の、セミナーお申し込みしたもののお断りした会社のうちの1つ

なにごとかと思ったし、電話口の方の肩書きが取締役だったもんで、めっちゃ目覚めた(O_O)
思わず正座しながら話聞いちゃった。

話の内容はと言うと、

新入社員の採用が終わったのだけど、採用予定人数に 1人足りない。
そこで、今までに自社に興味を持ってくれた ( 資料請求とか、セミナー申し込みとかしてくれた ) 学生に電話をかけている。
もしまだ進路が決まっていないならお話だけでも聞きにきませんか?

と言うことでした。


マジか(°_°)


特に断る理由もなかったので、はい行きます、と答えて、会社説明を聞きに、ほんと話だけでも聞いてみよっかな〜♪な気分でお出かけ。
相変わらず借り物のスーツで


説明会後お時間ありますよね?ついでに筆記試験も受けてみてください
筆記試験合格したので面接きてください
あ、ちょうど社長も戻ってきたので社長も面接に
合否結果は後日連絡しますね〜
と思ったけど社長が採用って言ってるので採用で^^


と、トントン拍子にソフトウェア会社へ、システムエンジニアとして採用が決まりました。
内定式に間に合わなかったから10月か11月くらいだったかな?


スーツ着るのやだな〜と思っていたのですが、
なんと、その会社はお客さんと会う以外の時は服装自由✨
仕事内容もまぁまぁ興味のある分野、社長さんもとてもおもしろい人だったのもあるけど、電話とかいろいろなことのタイミングが良すぎて、乗ってもいい波のような気がするし。
( 縁があるとかそういうやつ? )
あと、映画トレインスポッティングの最後、レントンがいい顔してて、就職するのも悪くない気がしたので


というわけで、その会社に入社することにしました。


続く。
第3話 : 会社員になりました


トレインスポッティング、古い映画ですけど、DVD やサントラCD、ステッカー、ポストカード買って、一時期ハマってました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました