第5話 : おばあちゃんが亡くなる

こちらは、ひげくろが対人恐怖症、それによるうつ状態になってから、回復するまでの話です。
通院が終わってから10年くらい経ってる、過去のお話です。

最初から読む場合はこちらへどうぞ^^ ↓↓
対人恐怖症とうつの話

第3話 : 会社員になりました の会社を3年くらい勤めたころの冬の話。

冬のボーナスが出て、ふと、おばあちゃんになんかプレゼントを買ってあげよう、と思いました。
ボーナスが出ると、家族にご飯おごるとか、親になんかプレゼントするとかしてたけど、そう言えばおばあちゃんには何もしてあげてないなぁ〜と。


そのおばあちゃんは、同じ県内のちょっと離れた市に住んでて。
こどものころは、おばあちゃんが1人で電車乗り継いで来たり、お盆やお正月にこちらから会いに行ったりしてたけど、大人になってからは年に1回会うかどうか。
親が言うには息子夫婦と同居するようになってから、会いに行きづらい、おばあちゃんも出かけづらい、であんまり会えなくなったそうな。
実の親子で会うのにそんな気にしなくていいのに〜って思うんだけどね。

90歳超えてたけど、大きな病気もしたことなくて、よく食べ、よく歩いて、誰もが 「100歳まで生きるね〜」と言うくらい元気でした。


さて、プレゼントすると決めたものの、何をあげたらいいだろう?
こんど会った時に聞いてみよ〜っと思って数ヶ月経過。
2月のとある土日に、おばあちゃんが家に遊びにくることになりました。


いよいよおばあちゃんが今週末に来る
何プレゼントしたらいいか聞き出そうo(^▽^)o
とワクワクしていた週の水曜日。
会社が創立記念日でお休み、ひげくろは家でまったり過ごしてました。
あ、当時実家から離れて、ひとり暮らししてました。
そしたら携帯が鳴りました。


お?母から。
平日の日中に珍しいなーと電話をとったら、


おばあちゃんが亡くなった。
電車で 〇〇 ( おばあちゃんちの最寄駅 ) これる?


と。
え?
なんて?
亡くなったって?
今週末来るんだよね?
しあさって会うんだよね?

慌てて電車でおばあちゃんの家に向かいました。




なんでも、その日のお昼、「ちょっと寒いから寝るわ」とお布団に入ったらそのまま起きてこなかったそうです。



この出来事は自分の中でかなり長いこと引きずりました。
そして、やりたいことを、いつかやろうって先延ばしにしないように決めたきっかけでもありました。
あと、たまたま創立記念日で休みだったおかげで、母からの電話にすぐ出られたので、この会社に入ってよかったなぁ〜としみじみ思いました。
普段、あまりにも携帯電話を持ち歩かない、電話に出ない人だったので(ーー;
この日が休みだったのは本当奇跡のようでした

第6話 : おばあちゃんが亡くなってから思ったこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました