第6話 : おばあちゃんが亡くなってから思ったこと | 対人恐怖症とうつ

スポンサーリンク

こちらは、ひげくろが対人恐怖症、それによるうつ状態になってから、回復するまでの話です。
通院が終わってから10年くらい経ってる、過去のお話です。

最初から読む場合はこちらへどうぞ^^ ↓↓
対人恐怖症とうつの話

第5話 : おばあちゃんが亡くなった話 の続き。
今週末遊びに来る、と思っていたおばあちゃんが亡くなって、ずいぶん落ち込みました。
仕事中も気が緩むと涙がじわじわ。
一生懸命頭から追い出して仕事していました。
人と会ったり、会話したりする仕事じゃなくてよかったと思いました。

なんでもっと早くおばあちゃんにプレゼント買ってあげなかったんだろう?
電話でもすればよかったのに。
おばあちゃんを喜ばせることもできないで、何やってんだろう?


から広がって、
何のためにお金貯めてたんだろう?
何のために仕事してるんだろう?
と、なんかモヤモヤといろいろ悩んでました。



このおばあちゃんのお葬式のとき、おばあちゃんの娘の1人が
「私はじゅうぶん親孝行したから満足だわ」
と、清々しくお見送りしていました。
その人が、自分が、いつ亡くなっても後悔しないように生活していきたいなぁと思ったのでありました。


次の話

コメント

タイトルとURLをコピーしました