2日目 : 那覇港〜鹿児島新港 クイーンコーラルプラス | 沖縄〜鹿児島〜大阪フェリーの旅

こちらの記事の続き。

朝起きて、前日買ってきた朝ごはんをホテルで食べて、いざ那覇港へ。
フェリーは 7:00 出港ですが、『出港 30 分前までに乗船手続きを済ませてください』とあったので、6:00 頃ホテルを出発。


暗くてブレブレだけど、乗船する船が見える^^

すでにけっこう人がいて、『乗船申込書』書いたり、受付したりしてました。
※2020/12 現在、新型コロナウイルス感染症対策で、検温があるそうです。

ひげくろも手続きして乗船券 GET

列に並んでるときに、別のお客さんと窓口の人の会話が聞こえたんだけど、悪天候のため沖永良部島の港が変更になるか、寄港せずに素通りするかも、って感じの話をしてました。
那覇港来るまで小雨が降ってたものの、たいして悪天候じゃなかったけど、海は荒れてるっぽい。
乗り物酔いしやすいので、ちょっと不安(ーー;


6:30 ちょっと前に乗船が始まりました。

乗船後、座席指定してもらって、お部屋へ。
ひげくろが予約したのは 2等で、14名定員のお部屋でした。
※タップ、クリックで拡大して表示されます

那覇から乗ったのはひげくろと他にもう1名で、途中の島で 2人組が 2組増えた。
マットレス4枚並べた島が 2 つ、3枚並べた島が 2つ。
グループごとにそれぞれの島に分かれてて、知らない人とすぐ近くになることはなかったです。あまり混んでなかったのかな?
※2020/12 現在、寝具を減らして利用者間の距離を確保して座席指定しているそうです。


マットレスのサイズは iPhone に入ってた計測アプリで測ってみたところ、
幅約 54cm × 長さ約 170 cm

体格のいい人、背が高い人ははみ出してしまうかもですね💦


部屋の位置は、船の模型でいうと、下の赤い矢印の辺り。

部屋の窓からはコンテナが積んであるのが見えました。

この後、船内探検へ。
船内のあちこちの写真は、こちらにまとめてあります ↓↓

日が昇ってきた頃に出港。
行ってきまーす。

晴れてて今のところ穏やかな乗り心地^^
虹も出ててきれいだった。
この辺はまだ楽しめる余裕があった
※タップ、クリックで拡大して表示されます

途中、本部港 ( 沖縄本島 ) 、与論港 ( 与論島 ) 、和泊港 ( 沖永良部島 ) 、亀徳港 ( 徳之島 ) 、名瀬港 ( 奄美大島 ) を経由して、鹿児島新港へ向かいます。

与論港 ( 与論島 )

そして、旅行の楽しみといえば食事なのですが、
ちょっと船酔いし始めて、食べると後々よろしくなさそう、ということで食べられず💦


ちなみにレストランのメニューはこんな感じでした。

そしていよいよ、港が変更、または寄港しないかも、と言われた沖永良部島。
無事接岸できました。

和泊港 ( 徳之島 )

この後は奄美大島も寄るのですが、夜遅くて真っ暗だったし、船酔いしてて外見にいく余裕がなかった (x_x )
もともと乗り物酔いしやすいけど、食べる物とか、乗り物の中での過ごし方気をつけて、ひどい乗り物酔いはしなくなってきたから大丈夫でしょ〜と思ってたけど、荒れてる海はさすがにダメでした


同じ船に乗ってて普通にレストランで食事してる人はいっぱいいたし、ビール飲んでる人もいたから、乗り物酔いしない人には全然平気なんだろうね。
すごいなぁ。


レストランの近くが一番揺れが少ない感じだったので、もしこの船で酔ったらレストランか近くの椅子に座ってると多少楽になりますよ^^b


朝になってそろそろ降りる準備しますか〜と部屋に戻って窓の外を見たら、コンテナで埋まっててびっくり。
人だけじゃなくて、いろいろなものも運ぶんですね。

鹿児島新港到着。
下船。

乗ってきたクイーンコラールプラス

マルエーフェリーのフェリーあけぼのもいましたよ。

さて、次のフェリーさんふらわあまで時間があるのでちょっと鹿児島をぷらぷらしまーす。
続きはこちら ↓↓

目次のページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました